コロナに感染して自宅療養した話8

雑記

発症7日目からの続きです。
前回→コロナに感染して自宅療養した話7

5日分くらいをまとめて書きます。

発症から8日目の体温や症状

  • 7時30分:37℃・酸素98%
  • 9時30分:アネトン服用。
  • 14時:36.9℃・酸素98%
  • 19時:36.8℃・酸素99% →アネトン服用。

体のだるさ、喉の痛み、咳、痰、鼻詰まり、嗅覚障害は一日中ずっと続いています。
家にひとりとなりましたが、前日よりも症状が軽くなっていた為、
この時は特に不安はなく過ごしていました。

体調のオンライン入力をちゃんとしていた為か、担当看護師さんからの電話はありませんでした

発症から9日目の体温や症状

  • 7時30分:36.7℃・酸素99%
  • 14時:36.6℃・酸素99%
  • 19時:36.5℃・酸素99%
  • 21時30分:アネトン服用。

この日も担当看護師さんからの電話確認はありませんでした

大分体調が良くなってきて朝と昼は咳止めを飲まなかったのですが、
夕方からまた咳が増え出して辛かったので、服用するようにしました。

水分はちゃんと補給しているのに喉が乾燥したような咳と、
喉にへばりつくような痰のせいで余計に咳がひどくなり、
夜はあまり眠れませんでした。

発症から10日目の体温や症状

  • 7時30分:36.7℃・酸素98%
  • 14時:測定忘れ。
  • 19時:36.3℃・酸素98%
  • 20時30分:アネトン服用。

前日の夜眠れなかったこともあり、昼頃に睡魔が襲ってきて寝てしまい、
14時の体温と酸素飽和度を測り忘れました・・・。
夜は2~3時間ごとに咳のせいで目が覚めてしまうため、
寝ようとしても眠れませんでした。

発症から11日目の体温や症状

  • 0時:アネトン服用。
  • 7時30分:36.7℃・酸素98%
  • 14時:測定忘れ。
  • 19時:36.6℃・酸素98% 自宅療養は終了したが念のため測定。

自宅療養最終日。
朝の9時半頃に担当の看護師さんから連絡があり、体温や健康状態を確認された後、
「発症から10日以上経過し、健康状態にも問題が無いため自宅療養は終了となります。」
のようなことを言われたと思います。当時かなり眠くて記憶があやふやですみません。
しかし、まだ咳などの症状があったため質問をしました。

咳や痰がまだひどいのですが?
→「病院へ行ってください。その際コロナで自宅療養したことを伝えてください。」

咳の症状があるが外出して問題ないか?
→「問題ありません。マスクは着用してください。」

ということで、結構あっさりと自宅療養は終わりました。

前日同様に咳と痰がひどくて夜は眠れず、電話の後に眠ってしまいました。

その後15時頃に家族からの電話で目が覚めました。
この時、着信履歴が何件もあってビックリ。
寝てしまったため出れず、少し心配をかけてしまったようです。
家族には自宅療養が終わった事、まだ咳や痰の症状がある事を伝えました。

熱は無いのですが、咳と痰はひどくなる一方で、咳のせいで腹筋が痛くなるほどです。
11日の夜~14日目ぐらいが本当につらかった・・・。

自宅療養は終わりましたが、続くかも・・・。

次→コロナに感染して自宅療養した話9

コメント

タイトルとURLをコピーしました